Workshop PLUS

スマホやSNSを、すこし便利使えるようにサポートします

1/17更新:ひとりSlackをもう少し極めようか?

Slackのクレジットポイントがあるようだ

今日、iPhoneでSlackにReminder(/remind でBotにお願いできます)をセットしていて、何気なく見たこのページ。いまはどうやって開いたのかも、どこにあるのかも不明・・・

f:id:ksnotes:20190209224329j:plain

Project Sというのは、Slackをお試しで使う時につけたプロジェクト名。SはSlackね。

それはどうでもよくて、2,742円のクレジットポイントがあるようだ。なぜこんなにポイントがあるのかも不明。何かキャンペーンとかしていたんだろうか?でも、これで有料プランを試すことはできるんだけど、何か変わるか?という疑問。

ひとりSlackなので、いま以上の使い方は思いつかない。

ひとりSlack活用法

最近の読み物になったnote。ここでSlackをキーワードに検索してみた。#ひとりSlackというハッシュタグもある。

Slackでひとつこれは知らないか?と思ったのが、「ポスト」という機能。

ふだんSlackはiOSアプリでしか使っていない。「ポスト」はアプリ非対応の機能のようですね。

MacでWebブラウザから開くと、たしかにポストというノートのアイコンが出てくる。Macのアプリ版でも対応されてます。

f:id:ksnotes:20190209224436p:plain

ポストには、

  • ヘッダーが3種類
  • 箇条書き2種類
  • チェックボックス

が使えるので、簡単な文書やToDoリストが作成できる。ToDoといえば、ToDo botもあるけど、ポストに作る方が見慣れたToDoリストになるかな。「買い物リスト」や「今週末の作業準備」とか。

ToDo botはSlackのコマンド/todoでタスクを登録するものなので、単発のものになってしまうので、ToDoリストには向いていない。

やはりSlackは使って楽しいプロダクト

いまのところ有料プランにもしないし、ポスト機能でのタスク管理もしないかなと思うけど、こうやって新しい機能を知って使ってみたりすると、Slackっていろんなことができて使いやすいツールだと再確認できる。そして、何よりも使っていて楽しいかな。

IFTTTでSlack→Evernoteができれば、ライフログはSlackにするだろうなぁ。/clipコマンドでEvernoteに指定日のログを書き出せるけど、ノートは指定できない。

IFTTTでSlackに自動連携(おまけ)

IFTTTの名前が出てきたので、どんなことに使っているか少し書いておきます。

  • Locationでポイントとなるエリアに入ったら通知
  • Twitterの重要人物(?)がpostしたら通知
  • TwitterでMessageなどを受けたら通知
  • US$のレートを通知
  • Yahoo!乗換案内の運行情報メールを受信したら通知

こういう感じのものをSlackのチャンネルに通知し、それぞれのアプリを見なくても済むようにしています。ライフログの自動記録でもある。

1/17更新:Slack無料プランで10,000レコード近し

そろそろ危ないかなぁと思いつつ、使い続けてきたSlack。昨日、LifeLogを入れようとしたら、こんなポップアップが出ました。

f:id:ksnotes:20190209224602j:plain

メッセージが10,000に近いから、保存はしているけど見られなくなるよ・・・有料プランにアップグレードしよう!ということですね。

でも、いまは下の記事にも書いているように、Evernoteとの組み合わせでうまく運用できています。Evernoteも無料プランで利用中。なので、Slackも無料プランでこのまま継続です。(申し訳ないような気もするけど・・)

今日、アプリのアップデートがあってアイコンが変わった。前の方が良かったなぁ・・・

ライフログ記事のまとめ